遮熱塗料に節電の役割がくわわる

外壁塗装のリフォームは見た目の美しさをよみがえらせるのはもちろんですが、塗装の本来の役割は水漏れなどを防ぎ、住宅を守ることです。そういう点では性能向上リフォームの部類ともいえますね。近年では様々な塗料の開発がおこなわれ、ついには、屋根や壁に塗装するだけで省エネや節電効果を発揮するという節電塗料まで登場しているのですよ。アドマフィンという特殊セラミックを配合した塗料で、太陽光を反射して室内の温度上昇を抑制するとともに排熱機能により蓄熱した熱を排出するため、屋根や壁の温度上昇を防いでくれるのです。

高機能なのにコストが削減できる

一般的な遮熱塗料とは塗膜層の中に熱を閉じ込めてしまうという課題があります。結果的に塗膜の中に熱がこもるので、その熱が室内に伝わってしまい室内温度の上昇を招いてしまうので、これではあまり意味がないですよね。一方、アドマファインには排熱機能がそなわっているので、遮熱して、そのうえで、効率的に熱を排出することができるようになっています。一般的な遮熱塗料よりも薄く仕上げることができるので、工期ももちろんですが、高性能なのにコストも削減できるでしょう。

どんな塗料をつかっているかは確認しよう

以前からアドマファインを配合した塗料というものはあったのですが、住宅用に開発されていなかっただけですので、性能については十分な実績のある塗料といえるでしょう。遮熱塗料というだけでも数々の商品がありますが、なんでもいいということはなく、このアドマファインが配合された塗料は他の商品は差別化されたものになり、このような他者とは差別化された商品は他にもあります。工務店やリフォーム業者などに依頼する時には、このような塗料をつかっているかどうかを確認してみるといいでしょう。

外壁塗装を千葉で手掛ける業者は多数存在しますが、人気の業者に依頼することで、高品質な作業を良心的な料金で行ってもらうことができます。